ユニハード®

Unihard

硬質薄膜処理「ユニハード®」の特徴

  • 独自のクリーニング技術に
    よる高品質膜を形成

    独自のクリーニング技術であるプラズマクリーニングにより、処理物の表面洗浄度を極限まで高め、優れた密着性を有するPVD硬質皮膜を形成します。

  • 多種多様の膜種が
    選択可能

    当社ユニハード®はあらゆる産業に対応した膜の種類を取り揃えております。切削工具・プレス・鍛造型を初め、プラスチック・樹脂型、ダイカスト金型などあらゆる金型への適用を可能とし、御社の生産性向上に寄与します。

  • 金型の
    リサイクル性が向上

    独自の脱膜技術により、表面を粗な状態にすることなく、PVD皮膜の脱膜可能です。鉄系材料はもちろん、超硬品など型使用により摩耗した金型は再度脱膜→ラッピング→再コートの工程により繰り返し使用することが可能です。

膜種 ユニハード®
T
(TiN)
ユニハード®
TC
(TiCN)
ユニハード®
C
(CrN)
ユニハード®
M
(AlTiN)
ユニハード®
MF
(AlCrN)
Tribec
炬(かがり)
※1
コーティング色
膜硬度(HV0.05) 2500
(±400)
2800
(±400)
2300
(±300)
2900
(±300)
3000
(±400)
2500-2800
膜厚(μm) 2-4 2-4 5-7 2-4 2-4 10以上
耐酸化温度(℃) 550
(±50)
450
(±50)
650
(±50)
800
(±50)
1100
(±50)
700
摩擦係数 0.65-0.70 0.40-0.50 0.50-0.60 0.55-0.65 0.40-0.50 0.50
特長 汎用 耐摩耗性 高靱性 耐摩耗性 耐摩耗性 面圧強度
すべり性 溶着防止 耐酸化性 高温強度 摺動性
用途例 冷間鍛造 冷間プレス プラスチック
樹脂金型
ダイキャスト 冷間プレス 冷間プレス
ファインプラン
キング
冷間鍛造 冷間プレス 冷間プレス 冷間鍛造 温熱間鍛造
プラスチック
樹脂金型
温間鍛造

※1 “Tribec”は日立金属㈱の日本登録商標です。

ご依頼に対しての
留意事項

熱処理条件
PVD処理は処理温度500℃近傍であるため、冷間ダイス鋼での焼戻し条件に留意する必要があります。熱間ダイス鋼、高速度鋼、超硬合金などは通常の熱処理条件であれば問題なくコーティングすることが可能です。
処理品材質
鉄系材料・超硬合金などは問題ありませんが、セラミック等の絶縁物は弊社採用のコーティング方式では不適です。コーティング温度以下で相変態・溶融の危険性がある金属、また、アルミニウム合金など非鉄系合金もコーティング不適です。
処理品表面状態
コーティング前の表面状態についてはお客様で出来る限り鏡面仕上げにして頂き、ツールマーク等なきようお願い致します。
コーティング前の面粗度はJIS RZ0.8以下が基準です。
PVDコーティングの付き回り性
当社が採用しているアークプラズマ方式では穴・孔部位においてはコーティング膜厚に制約があり、コーティングが成膜できる孔内部の深さの限界は孔径と同じ深さまでが許容範囲です。
処理必要部位とマスキング
コーティングが不必要な部位はマスキングが可能です。処理必要部位の明示とマスキング必要部位の明示をお願いします。但し複雑形状等へのマスキングは出来る限り対応致しますが、ご希望に添えない場合も御座います。

熱処理加工一覧に戻る

© 2021 UMETOKU Inc All Right Reserved.